札幌マンドリン倶楽部 第41回定期演奏会

札幌マンドリン倶楽部定期演奏会のダイジェストをお送りします。

今回で3回目の、演奏会での拝聴となります。

第1ステージ「部員による夢のコラボレーション」から。

『コンドルは飛んでいく』です。サイモンとガーファンクルの大ヒット作でした。

 

ケーナの響きがいい感じ!

 

さて、2曲目は

『津軽じょんがら節』  横山孝僚氏の三味線の演奏が、豪快でした。

 

いかがですか、津軽じゃみせん! いいですね、吹雪の空に響きわたる音色が目に浮かびました。

 

そして、3曲目は、第2ステージ「マンドリンオリジナル」から。

倶楽部の編曲者である、島崎洋氏の作曲で「セレナーデ」(初演)です。

 

マンドリンの音、心にしみますね。

昨年は、かなり遅れてのアップロードでしたが、今年は10日余りでアップできました。

少々、気が早いですが、来年の「第42回定期演奏会」が今から楽しみです。

 

なお、この演奏会のあとの宴会の詳報は後日公開しますぞ!(笑)

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP