シニア世代のためのアクティブマガジン  To make active cinia

NEW POST

Webマガジン 軽快生活

Kako's column

《肉を食べる習慣が「老い」を遠ざける》

70歳が老化の分かれ道』
  和田秀樹 著

前回のコラムで書きましたが、この本を再読して気付いた「読み落としていた大事なこと」というのが、この「肉を食べる習慣」のところでした。
先生は言います。

ーー高齢になると、肉を控えた野菜中心の食事が身体にいいと考えている人も多いですが、それは間違っています。ーー
ガ~ン‼︎
ああ、なんとこれは、私の考えそのものでした!
そして、そんな食生活を続けていると、いったいどうなると思いますか?
ジャ~ン‼︎「しょぼくれた老人」です!
こんな大事なことを、私は読み落としていたのでした(泣)

老化を防ぐポイントは2つ。
・「活動意欲を維持すること」
・「運動機能を維持すること」
“意欲レベル”が低下してくる理由のひとつが、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」
の減少で、セロトニンの材料となるのがトリプトファンというアミノ酸で、それが多く
含まれているのが肉なのです。
また、肉にはコレステロールもたくさん含まれていますが、コレステロールを減らす
ことによって男性ホルモンが減少することも恐いそうです。
活動意欲が低下して元気のない老人になってしまうし、なんと!
「記憶力も低下」してしまうそうです。
つまり、肉を食べることは、セロトニンと男性ホルモンの生成を促進し、
人の意欲を高め、活動レベルを維持することにとても効果的なのです。
私は、毎日健康的な食事を作って食べていると信じていました。
でも、これからは献立にお肉料理もしっかり組み込んで、
2022年、ますます元気に前進です(^ ^)‼︎

  • 専属ライター
  • ライターの新着記事
Kakoちゃん

Kakoちゃん

一言ひとこと真剣に!

日常のなかから、生き生きライフを発信中。 料理大好き、ケーキ作り大好き、なにより本が好き! 蔵書1万札かな? 法政大学通信教育部を、主婦で15年で卒業。

  1. 《「生きる」って素晴らしい‼︎》

  2. 《「生・老・病・死」を考える》

  3. 《「大切な後半生」を生きるために》

  4. 《肉を食べる習慣が「老い」を遠ざける》

  5. 《長生きしたければ“ダイエット“をしてはいけない》

  6. 《さぁ、心機一転のスタートです‼︎》

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP