シニア世代のためのアクティブマガジン  To make active cinia

Kako's Wind "column"

《「ありがたい人」との巡り逢い》

またもや前回書きましたが、主人と知り合ったのは私が19歳の時です。
以前、松田聖子さんが「ビビっと来た」というようなことを言っていましたが、私達もそんな直感のような形で巡り合い、なぜかとても気が合って、2年後に結婚しました。

多分、私達が良いコンビでいられるのは、私が「生きるとは」「死ぬとは」など、真面目に考えたり悩んだりする人間なのに、主人は、「そんなことは考えたこともない」というような人だからだと思います。
全く、のん気というか陽気というか、いつも元気な人です。
そんなデコボコぶりが、気が合う要因なのかもしれません。

23歳で長女、25歳で長男を授かりました。
上の子が小学校1年生、下の子が幼稚園に入る年に、私はその時30歳でしたが、主人に初めて「大学に行きたかった」ことをポツンと言いました。
通信教育で学べる大学が、時々新聞の広告に載っていて、それを見ながら言ったのでした。
でも、東京にスクーリングにも行かなくてはいけないし、子供達がもう少し大きくなってから考えよう、と思っていたのですが、主人は大いに賛成してくれて、「入学申し込みをして教科書をもらって、それを初めは眺めているだけでも良いのでは?」と提案してくれました。

私がやろうとすることは、今でも全面的に応援してくれる主人です。

とても「ありがたい人」と巡り逢いました(笑)

出逢いの陽

The sun you meet
  • 軽快生活ライター
  • ライターの新着記事
Kakoちゃん

Kakoちゃん

一言ひとこと真剣に!

日常のなかから、生き生きライフを発信中。 料理大好き、ケーキ作り大好き、なにより本が好き! 蔵書1万札かな? 法政大学通信教育部を、主婦で15年で卒業。

  1. 《日の出を拝める幸せ》

  2. 《明るい気持ちで!》

  3. 《「1・26本気記念日」スタートしました‼︎》

  4. 《我が家の犬のココロのこと》

  5. 《娘の犬が天国へ》

  6. 《最近読んだ本①》

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP